Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hh114114/xn--n9j8fpdh1agc0gyc3i0gm577c1zya.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
youtubeチャンネル登録してもらうと、エクセルファイルプレゼント中!!

フィボナッチ分析の基本解説(1)

ディナポリの秘数

このページでは当サイトで利用していますトレード手法の基本を説明させていただきます。
最後に解説動画もつけてありますので参考にしてください。

当ブログ主のトレード手法は、アメリカの著名なトレーダー、ジョーディナポリ氏の手法をベースにしています。
日本でも紹介された「ディナポリの秘数」という書籍で基本を学びました。

ディナポリの秘数

ジョーディナポリ氏のサイトの「コーストインベストメント」の会員制のフォーラムに参加してさらに内容を深めていきました。しかしながら、そのままでは日本の市場に対応できないところもありましたので自分なりにアレンジを加えたり、シンプル化したりしてあります。

まずは基本的な部分からご説明します。

フィボナッチの押し戻り分析(フィボナッチリトレースメント)

チャート1 クリックで拡大

チャート1で示されるように、高値と安値があるとして、わかりやすく赤のラインで結んでみます。
この高値と安値から導き出されるフィボナッチ水準を表示します。

チャート2 クリックで拡大

これは、楽天証券のマーケットスピードの画像です。マーケットスピードでは高値と安値を結んでドラックすることで簡単にフィボナッチ水準のラインを引くことができます。
値幅を1としたときに0.618、0.5、0,382の水準にラインが引かれています。
基本的には0.618と0.382を利用します。
安値から高値の上昇トレンドから表示されるフィボナッチ水準はサポート水準となります。
高値から下げてきた場合に動きが止まりやすい、または反発しやすい水準です。
(必ず止まる・反発するという意味ではありません)。

クリックで拡大

シンプルな図にすると上のようになります。やじるしはわかりやすいようにつけてみました。
高値をF(フォーカスポイント)としています。トレンドの始点を1としています。
トレンドの始点は複数ある場合もありますので、1、2といった数字になります。

クリックで拡大

最初のチャートを図にするとこのように0.618水準で反発した形になっています。
この反発まで高値F(フォーカスポイント)から0.618水準までは下降トレンドになっているわけですが、このトレンドについてもフィボナッチ水準をあてはめることができます。

クリックで拡大

この下降トレンドについてフィボナッチ水準を適用するには安値がF(フォーカスポイント)になっています。そして、高値が1、下降トレンドの始点になっていることに気を付けてください。
この事例ですと、反発した値動きは0.382水準を突破して、0.618水準を少し上回った状態といえます。
以上が、基本的なフィボナッチの押し戻り分析(フィボナッチリトレースメント)となります。

フィボナッチの拡張分析(フィボナッチエクスパンション)

OP(利益目標の設定)

クリックで拡大

上の図をご覧いただきますと、安値A、高値B、戻り安値Cがあります。
Cの水準は必ずしもフィボナッチ水準というわけではありません。
この動きがあった時、そしてCの水準で反発した場合に相場の動きが達する水準を、OP(利益目標)
としています。

OP(利益目標)は安値Aから高値Bまでの値幅を戻り安値Cから延長した水準になります。
「A・B=C・OP」の関係になります。
AからBの値幅の延長が高値のBからではなく戻り安値Cからであることに注意してください。

鳥貴族

クリックで拡大

チャートは鳥貴族の月足チャートです。
安値から高値をつけて、戻り安値をつけてOPの水準で達成感が出た様子がわかります。
この場合、OPは4002円でしたが、3965円が最高値で、その後相場は崩れてしまいました。

COP(縮小した利益目標の設定)

クリックで拡大

OPの時と同様に、安値A、高値B、戻り安値Cがあります。
Cの水準は必ずしもフィボナッチ水準というわけではありません。
この動きがあった時、そしてCの水準で反発した場合に相場の動きが達する水準を、COP(縮小した利益目標)としています。

COP(利益目標)は安値Aから高値Bまでの値幅の0.618を戻り安値Cから延長した水準になります。
「A・B×0.618=C・COP」の関係になります。

XOP(拡張した利益目標の設定)

クリックで拡大

OPの時と同様に、安値A、高値B、戻り安値Cがあります。
Cの水準は必ずしもフィボナッチ水準というわけではありません。
この動きがあった時、そしてCの水準で反発した場合に相場の動きが達する水準を、XOP(拡張した利益目標)としています。

XOP(利益目標)は安値Aから高値Bまでの値幅の1.618を戻り安値Cから延長した水準になります。
「A・B×1.618=C・XOP」の関係になります。

まとめますと以下のようになります。

クリックで拡大

利益目標としてどの水準を使うかは状況によって変わりますし絶対にそのようにしないといけないわけではありませんが参考になります。

最後に動画をつけておきますので参考にしてください。

コメント