youtubeチャンネル登録してもらうと、エクセルファイルプレゼント中!!

金融商品の基本 その1

金融商品の基本

主なファンド

日本株ファンド

日本株ファンドは、日本株式を対象とした投資信託です。
国債に比べて高いリターンが期待でき、円資産であるために為替変動の影響はほぼありません。
株式は時価総額と流動性を基準として「大型株」「中型株」「小型株」に区分されます。
大型株は比較的値動きが安定しているのに対し、中小型株は大きな値上がり益が期待できるという特徴があります。しかし、値動きのブレは大きくなります。

食品や医薬品など業種にフォーカスしたファンドや、特定のビジネスをテーマとしたファンドなど、様々な商品があります。
企業に利益、資産などの基準に対して割安な株に投資する「バリュー型」や、成長株に投資する「グロース型」と呼ばれる手法で銘柄選択を行う投資信託もあります。
様々な種類から選択することができます。

国内債券ファンド

債券は、資金調達を考える国や企業などが利息の支払いや元本返済を約束して発行する有価証券です。
国債、地方債、社債など発行体によって呼び名が変わります。
債券には
満期になると額面金額が戻る。
満期までの間、決められた利息を定期に受け取れる
市場価格で途中換金が可能である
といった特徴があり、長期投資に向いた商品であるといえます。

市場金利が上がると、発行済みの債権は価格がさがります。
逆に金利が下がると債券が上がるという値動きの特徴があります。

日本国内の債券に投資するファンドが国内債券ファンドです。
国債や社債などの組み入れる債権の種類や、満期までの期間に応じて値動きは変わります。
国債を中心に組み入れたファンドは安定的な値動きをし、社債を主な投資対象としたファンドは、より高い収益が期待できる傾向にあります。

海外株ファンド

海外の取引所に上場している企業は日本の企業以上に成長性が期待される企業や、世界的な優良企業も数多くあります。しかし、日本国内から直接海外株式を買うのはハードルが高いので投資信託を活用するといいと思います。
海外株式に関して注意したいのは、。値動きの大きさと為替変動の影響です。ともにマイナスになると大きな損失となる恐れがあります。
対象株式は、先進国株式中心のものであれば比較的安定していますし、新興国株式中心のものであれば、成長性が期待できる一方、リスクも大きくなります。
為替変動のリスクを抑えるために為替ヘッジをかける投資信託もありますが、為替ヘッジにもコストがかかりますのでパフォーマンスに影響する場合があります。

海外債券ファンド

「外国債券」とは、発行通貨や発行株、発行場所のうちいずれか外国または外国通貨であるものです。日本国内よりも金利が高い国が多く、国内債券を上回る収益が期待できます。しかし、為替変動のリスクがあるため注意が必要です。

債券にはさまざまな種類があり、政府や政府機関が発行する「ソブリンファンド」、企業が発行する「社債」、信用力が低い企業が発行する「ハイイールド債」は利回りが高くなります。格付けでBBクラス以下のもをハイイールド債といいます。

海外債券ファンドにも為替の影響を少なくする為替ヘッジをするものもあります。

コメント